Bon Bon Boyband ! Man Man Manband !

海外Boyband/Manbandのニュースに簡単なコメントを添えたブログです。

<Manband列伝> 1979年生

🇯🇵KEN (DA PUMP) (1979/12/17)


KEN (ex. DA PUMP) dancing & wearing TOKYO FANTASTIC JAPAN T-shirt

DA PUMPの奇跡的な復活後も、古巣とは一定の距離感を保ち続けているKEN。過去にはあまりこだわらず、サラッとコラボしてくれたらファンとしては嬉しいんだけどね。

 

🇺🇸Gabe Combs (Plus One) (1979/12/11)


Gabe Combs Senior 2018

同姓同名の別人かな…と半分思いつつ、期待を込めてGabe Combsの近況。0:20~の横顔が若干タレ目なところが彼っぽい(が、鼻の形がちょっと違うかな)。GabeはNate Coleと夫婦ぐるみでバンド組んだり、そうかと思えばNathan WaltersやJason PerryとPlus One再結成を画策したりと結構風見鶏なお人柄。しかしピッチングフォームはかなり堂に入っている。お見事です。

 

🇨🇦Ryan Kowarsky (b4-4, RyanDan) (1979/12/05)

双子のユニットRyanDanは現在(おそらく)活動休止中。その片割れRyan Kowarskyは、DanはDanでもDan Talevskiという男性歌手のマネージメントをしているらしい。そんな中、昔のファンレター整理中に見つけたb4-4の記事。あの頃が懐かしくなっちゃったのかしら。

 

🇨🇦Dan Kowarsky (b4-4, RyanDan) (1979/12/05)


RyanDan Mother's Day plane ride with ET Canada

一方のDan Kowarskyは芸能関係の活動を辞めてしまったみたい。なので今から10年以上前、2人揃った母の日の動画を。テロップは出ていないが、~0:18からの掛け合いから、向かって右の白シャツ(低い声)がRyan、左のカーディガン(高い声)がDanだと分かる。一卵性だから見分けが全くつかない。このフライトの本当の理由は動画後半で明かされる。

 

🇬🇧Dane Bowers (Another Level, Upper Street, 5th Story) (1979/11/28)


Dane Bowers takes his holiday at Fairmont The Palm to Another Level

Dane Bowers、ホテルFairmont the Palm (in Dubai !)の広告塔に。"International Superstar"だからってハシャギ過ぎてプールの監視員に怒られたりして。Daneはこの他にもパーティ主催してDJしたりしているみたい。

 

🇬🇧Scott Robinson (Five) (1979/11/22)


Scott Robinson singing never enough from The Greatest Showman Acappella

Fiveの元ツンツンヘアScott Robinson。歌い手としてそのオチはどうなの…

 

🇺🇸Trevor Penick (O-Town) (1979/11/16)


O-Town performs "All or Nothing" live on Good Day LA

O-Townの「5人目」Trevor Penick(向かって右から2人目)だが、こんな風に印象的なブリッジでソロを取っていたり、既に脱退したAshley Parker Angelのソロの穴を埋めたりと八面六臂の活躍ぶり。こういう雰囲気を纏った人がいるからこそ、(今のところ)再結成も上首尾に。

 

🇺🇸Chris Rupp (ex-Home Free) (1979/10/12)


A New Day - A cappella original - Chris Rupp (Official Video)

アカペラグループHome Freeの創始者にして現メンバーAdam Ruppの実兄。

 

🇺🇸Michael "J" Horn (Natural) (1979/10/07)


"Syracuse" by Pinback

Naturalで最も小柄なMichael "J" Horn、故郷のFloridaに戻って創作活動の傍ら、サーフィンやったり音楽を教えていたりするのだそう。過去の名声に囚われることも煩わされることもなさそうだし、manband memberの中でも屈指の勝ち組。

 

🇯🇵Kenchi Tachibana (EXILE, EXILE THE SECOND) (1979/09/28)


EXILE THE SECOND・橘ケンチが日本酒について熱く語る!

 

🇺🇸Erik-Michael Estrada (O-Town) (1979/09/23)


Erik Michael Estrada Talks About the My2k Tour | American Latino

ErikはBoybandに頻繁に注入されるラテンの血の典型例。この系譜、古くはMenudoから来ており、やがてSergio Calderon Jr. (In Real Life)やCNCOなどへと受け継がれる。ErikはO-Townの中でも高音の屋根を張る貴重な存在。

 

🇬🇧Ritchie Neville (Five) (1979/08/23)


Ritchie Neville - Lets Sing & Dance [Comic Relief] (11th March 2017)

Comic Reliefで、Girls Aloudならぬ"Boys Allowed"を結成したJon Lee (S Club 7)、Dancan James (Blue)、Ben Ofoedu (Phats & Small)、Gareth Gates、そしてRitchie Neville (Five)。笑うと口がハート形になるRitchie、この"Boys Allowed"パフォーマンスでもその魅力を遺憾なく発揮。ヒールの高さにご注目。

 

🇮🇪Shane Filan (Westlife) (1979/07/05)


Shane Filan - Beautiful In White (Official Video)

Westlifeと言えばこの人Shane Filan。ソロとグループとで音楽性が全く変わらない、という点ではGary Barlow (TAKE THAT)といい勝負なんだけど、WestlifeがTTと違うのは、穏やかなShaneの作風をいい意味で脅かすメンバーがグループにいないことなんだろう。もう少しグループでガツンと弾けるShaneも見てみたい。

 

🇯🇵Ken Miyake (V6) (1979/07/02)

 

🇬🇧Abz Love (Five) (1979/06/29)


ABZ - CANDYROCK

Fiveの元フロントマンAbz Love。途中色々ありつつ、最近ちょっとずつ復活中。音楽性やファッションはちょいと若作りではあるものの、その方向性はそんなに見当違いではない気が。…あ、この曲、よくよく聞くと他のboybandの名前も出てくるね。

 

🇺🇸Lance Bass (*NSYNC) (1979/05/04)


Lance Bass Says *NSYNC Was Scared Of The Backstreet Boys Because Of Lou Pearlman | Access

近年は"The Boy Band Con: The Lou Pearlman Story"のプロデューサーとして話題を呼ぶLance Bass。この人の場合、Justin Timberlakeのお母さんから電話一本で*NSYNCに抜擢されたという「出自」もあり、そのsexualityも相まって、「自分はどこから来て、そしてどこへ行くのか」を強烈に意識したmanband memberだと思う。ちなみにこの金髪は、この動画リリース直後のAriana GrandeとのCoachella共演(+*NSYNCのプチ復活)の準備のためだったんですね。

 

🇬🇧Stewart Macintosh (Triple 8) (1979/04/25)


Stewart Mac - Radio

Triple 8では補充要員だったはずが、いつの間にかソロで大活躍なStewart Macintosh。ブロンドはとっくに元に戻してしまったようです。

 

🇯🇵Yusuke Kamiji (Shu-chi Shin) (1979/04/18)


遊助 『ひまわり ~10年分の愛のカタチ~』

 

🇯🇵Tsuyoshi Domoto (KinKi Kids) (1979/04/10)

 

🇺🇸Andy Ross (OK Go, lead guitar) (1979/03/08)


#AskOKGo - Why does Andy always look angry?

よくぞ聞いてくれた、とファンなら思わずかぶりついてしまう#AskOKGoのAndy Ross編。MVでもインタビュー動画でもしかめっ面が多いAndyに対し、「何でいつも怒って見えちゃうの」と直球の質問。リンク先の画像について、Andyはいちいち「これは戸惑ってるように見えるし、これはつまんないようにも見えるし、これは…怒ってるかもね」ってやっぱり怒ってるんかい(笑)。Andyにとって"angry"はちょっとキツめの言葉だから抵抗があるみたい。若干傷ついちゃったかもね。でも、このサムネイルすら怒って見えちゃうのはちょっと損(笑)。

 

🇯🇵Go Morita (V6) (1979/02/20)

 

🇺🇸Josh Keaton (No Authority) (1979/02/08)


Hallo - The Ballad of Sven - A Voltron Music Video

Manband界の俳優転身組としてはJustin Timberlake (*NSYNC)と並ぶ(というかとっくに超えている)Josh Keaton。その超豪華な出演履歴はWikipediaをご参照頂くとして、しかし本人名義のVlogではうって変わってフレンドリーな姿を垣間見せてくれる。この動画は、自らが主役Takashi 'Shiro' Shiroganeの声優を務める米国製アニメ"Voltron: Legendary Defender"の主題歌(?)MV。公式なのか自家製なのか分からない絶妙なチープさが魅力。

 

🇲🇩Dan Bălan (O-Zone) (1979/02/06)


Dan Balan & Katerina Begu – Dragostea Din Tei (FULL VERSION)

2018年には「恋のマイアヒ2018」を発表したDan Bălan。本ブログではより進化したこちらを。もう10年以上前の大ヒット曲だから、これくらいしっとりしたアップデートでもすんなり耳に入る。

 

🇯🇵Kaname Kawabata (CHEMISTRY) (1979/01/28)


【あの曲もこの曲も!】CHEMISTRY 再始動ライブダイジェスト映像

祝再結成の舞台は、誰も入り込めない2人だけの領域。映像上はほとんど目線を交わさない姿にドキドキするも、副音声では仲良さそうにお話ししていてホッとする。

 

🇺🇸Tim Cruz (B3) (1979/01/02)

 

🇯🇵Ko-ichi Domoto (KinKi Kids) (1979/01/01)