Bon Bon Boyband ! Man Man Manband !

海外Boyband/Manbandのニュースに簡単なコメントを添えたブログです。

<2022年Boyband vs. Manband 歌合戦> 2022年歌合戦 セットリスト

2022年Boyband vs. Manband セットリスト 

 

【前半戦】

<1st Round> (12/17)

先攻→manband

'As It Was' by Harry Styles (One Direction) (2022/04/01 MV公開)

www.youtube.com

 

 

 

後攻→boyband

'HOT' by SEVENTEEN (2022/05/27 MV公開) 

www.youtube.com

 

 

 

 

 

 

<2nd Round> (12/18)

先攻→boyband

'Más Que Nunca' by Sergio JR (In Real Life) (2022/02/17 MV公開)

www.youtube.com

 

 

 

後攻→manband

'俺こそオンリーワン' by MORISAKI WIN (PRIZMAX) (2022/04/06 Official Audio公開)

www.youtube.com

 

 

 

 

 

 

<3rd Round> (12/19)

先攻→manband

'Astray' by i.amsolo (Justice Crew) (2022/03/04 MV公開)

www.youtube.com

 

 

 

後攻→boyband

'Sunset Blvd' by EMBLEM3 (2022/09/25 MV公開)

www.youtube.com

 

 

 

 

 

 

<4th Round> (12/20)

先攻→boyband

'Next Up' by MiC LOWRY (2022/03/05 MV公開)

www.youtube.com

 

 

 

後攻→manband

'You're Some Girl' by Derek Ryan (D-Side) (2022/04/05 MV公開)

www.youtube.com

 

 

 

 

 

 

<5th Round> (12/21)

先攻→manband

'断末魔' by ゴールデンボンバー (2022/02/07 MV公開)

www.youtube.com

 

 

 

後攻→boyband

'Bye-Good-Bye' by BE:FIRST (2022/03/19 映像公開)

www.youtube.com

 

 

 

 

 

 

<6th Round> (12/22)

先攻→boyband

'La Equivocada (Versión Tumbao)' by CNCO & Adriel Favela (2022/06/23 MV公開)

www.youtube.com

 

 

 

後攻→manband 

'Ácido Sabor' by Ricky Martin (Menudo) (2022/07/15 MV公開)

www.youtube.com

 

 

 

 

 

 

<7th Round> (12/23)

先攻→manband

'You Only Want Me' by Mark Owen (TAKE THAT) (2022/06/10 MV公開)

www.youtube.com

 

 

 

後攻→boyband

'Keep Moving Forward ft. Nikka Costa' by THE DRIVER ERA (2022/07/08 MV公開) 

www.youtube.com

 

 

 

 

 

 

【Half Time Show】(略)

 

 

 

 

 

 

 【後半戦】

<8th Round> (12/25)

先攻→manband

'Not Giving You Up' by Big Time Rush (2022/02/26 MV公開)

www.youtube.com

 

 

 

後攻→boyband

'Getting Better' by New Hope Club (2022/06/23 MV公開) 

www.youtube.com

 

 

 

 

 

 

<9th Round> (12/26)

先攻→boyband

'Killing Me Softly' by Curtis T Johns (Five to Five) (2022/01/02 映像公開)

www.youtube.com

 

 

 

後攻→manband 

'Bridge Over Troubled Water' by Collabro (2022/06/10 MV公開)

www.youtube.com

 

 

 

 

 

 

<10th Round> (12/27)

先攻→manband

'I'm In' by a-ha (2022/07/08 MV公開)

www.youtube.com

 

 

 

後攻→boyband 

'REALISATIE' by FOURCE (2022/09/25 映像公開)

www.youtube.com

 

 

 

 

 

 

<11th Round> (12/28)

先攻→boyband

'Todo De Ti (All That She Wants)' by Omar Rudberg (FO&O)  (2022/07/01 MV公開) 

www.youtube.com

 

 

 

後攻→manband 

'Bring Back The Time (ft. Salt-N-Pepa, Rick Astley, En Vogue)' by New Kids On The Block  (2022/03/03 MV公開)

www.youtube.com

 

 

 

 

 

 

<12th Round> (12/29)

先攻→manband

'Dus Minute Aur' by Swarathma (2022/06/17 MV公開)

www.youtube.com

 

 

 

後攻→boyband

'Let Me Down Easy' by Why Don't We (2022/04/14 MV公開)

www.youtube.com

 

 

 

 

 

 

<13th Round> (12/30)

先攻→boyband

'H2L' by PRETTYMUCH (2022/10/8 MV公開) 

www.youtube.com

 

 

 

後攻→manband

'Stay With Me (ft. Justin Timberlake (*NSYNC), Halsey & Pharrell) by Calvin Harris (2022/07/16 MV公開)

www.youtube.com

 

 

 

 

 

 

<14th Round:大トリ> (12/31)

先攻→manband 

'봄여름가을겨울 (Still Life)' by BIGBANG (2022/04/05 MV公開)

www.youtube.com

 

 

 

後攻→boyband

'ブラザービート' by Snow Man (2022/03/09 Dance Practice公開)

www.youtube.com

<2022年Boyband vs. Manband 歌合戦> 2022年総評 ~王者の不在とK-POP boybandの停滞~

毎年恒例、2022年Boyband vs. Manband 歌合戦の総評です。

 

以下はセットリスト。カッコ内はグループ年数(結成年基準の数え年)です。

 

    Boyband Manband
前半戦 1st round
(12/17)
🇰🇷SEVENTEEN (8)
'HOT'
🇬🇧Harry Styles (One Direction) (12)
'As It Was'
2nd round
(12/18)
🇺🇸Sergio JR (In Real Life) (6)
'Más Que Nunca'
🇲🇲MORISAKI WIN (PRIZMAX)(21)
'俺こそオンリーワン'
3rd round
(12/19)
🇺🇸EMBLEM3 (16)
'Sunset Blvd'
🇦🇺i.amsolo (Justice Crew) (14)
'Astray'
4th round
(12/20)
🇺🇸MIC LOWRY (12)
'Next Up'
🇮🇪Derek Ryan (D-Side) (22)
'You're Some Girl'
5th round
(12/21)
🇯🇵BE:FIRST (2)
'Bye-Good-Bye'
🇯🇵ゴールデンボンバー (19)
'断末魔'
6th round
(12/22)
🇺🇸CNCO, Adriel Favela (8)
'La Equivocada (Versión Tumbao)'
🇵🇷Ricky Martin (Menudo) (46)
'Ácido Sabor'
7th round
(12/23)
🇺🇸THE DRIVER ERA (ft. Nikka Costa)(5)
'Keep Moving Forward'
🇬🇧Mark Owen (TAKE THAT) (33)
'You Only Want Me'
Half Time
(12/24)
DA PUMP, 東京スカパラダイスオーケストラ, Da-iCE feat.木村昴, PSYCHIC FEVER from EXILE TRIBE, OCHA NORMA, Power Boyz, Sanam, Baby Mic Candy, OTYKEN, METAFIVE, 電気グルーヴ, THE LAST ROCKSTARS, chelmico, UA, AJR, Hanson, 5 Seconds of Summer, Bars and Melody, Surfaces, New Rules, United Vibe, Mad Tsai, THE SUPER FRUIT, 世が世なら!!!, Ylvis, Kep1er,  ENVii GABRIELLA, Blue, silk sonic, NORD, INTERSECTION, Boyzlife, Judged Edge, Immature, BROCKHAMPTON, F.E.A.T.S, RoadTrip, Jack & Jack, JO1, INI, OCTPATH, Maison B, On The Outside, The Wanted, Il Divo
後半戦 8th round
(12/25)
🇬🇧New Hope Club (8)
'Getting Better'
🇺🇸Big Time Rush (14)
'Not Giving You Up'
9th round
(12/26)
🇬🇧Curtis T Johns (Five to Five)(6)
'Killing Me Softly'
🇬🇧Collabro (9)
'Bridge Over Troubled Water'
10th round
(12/27)
🇳🇱FOURCE (6)
'REALISATIE'
🇳🇴a-ha (41)
'I'm In'
11th round
(12/28)
🇸🇪Omar Rudberg (FO&O) (10)
'Todo De Ti (All That She Wants)'
🇺🇸New Kids On The Block (Ft Salt-N-Pepa, Rick Astley, En Vogue) (38)
'Bring Back The Time'
12th round
(12/29)
🇺🇸Why Don't We (7)
'Let Me Down Easy (Lie)'
🇮🇳Swarathma (21)
'Dus Minute Aur'
13th round
(12/30)
🇺🇸PRETTYMUCH (7)
'H2L'
🇺🇸Calvin Harris (ft Justin Timberlake (*NSYNC), Halsey & Pharrell) (28)
'Stay With Me'
14th round
(12/31)
🇯🇵Snow Man (11)
'ブラザービート'
🇰🇷BIGBANG (17)
'봄여름가을겨울 (Still Life)'

 

<出場者データ(本戦のみ。カッコ内は2021年データ。)>

全出場グループ:28 (28)

参加国:12(🇯🇵🇺🇸🇬🇧🇰🇷🇦🇺🇮🇪🇸🇪🇲🇲🇮🇳🇳🇴🇳🇱🇵🇷)(8) 

 内訳:🇯🇵 3 (3)、🇺🇸 10 (7)、🇬🇧 5 (11)、🇰🇷 2 (2)、🇦🇺 1 (2)、🇮🇪 1 (1)、🇸🇪 1 (1)、🇲🇲 1 (0)、🇮🇳 1(0)、🇳🇴 1 (0)、🇳🇱 1 (0)、🇵🇷 1 (0) (🇨🇳0 (1))

団体:19 (23)

個人*1: 9 (Harry Styles, MORISAKI WIN, i.amsolo, Derek Ryan, Ricky Martin, Mark Owen, Curtis T Johns, Omar Rudberg, Justin Timberlake) (5)

オリジナル:24 (28)

カバー*2:4 (0)

2022年リリース:26 (27)

2021年以前リリース:2 (1) 

 

Manband結成年最長:Ricky Martin (Menudo) (46) *3

Manband結成年最短:Collabro (9)

Boyband結成年最長:EMBLEM3 (16)

Boyband結成年最短:BE:FIRST (2)

 

Manband最年長:Morten Harket (a-ha, 1959年生)

Manband最年少:Harry Styles (One Direction, 1994年生)

Boyband最年長:Drew Chadwick (Emblem3, 1992年生)

Boyband最年少:Niels Schlimback (FOURCE, 2005年生)

 

<2021-2022 IN & OUT>

Manband

IN→MORISAKI WIN (PRIZMAX), i.amsolo (Justice Crew), Derek Ryan (D-Side), ゴールデンボンバー, Ricky Martin (Menudo), Big Time Rush, Collabro, a-ha, New Kids On The Block, Swarathma, Justin Timberlake (*NSYNC), BIGBANG

OUT→SHINee, Luke Hemmings (5 Seconds of Summer), Westlife, Hanson, The Overtones, Silk Sonic, DA PUMP, Lee Baxter (Caught In The Act), JLS, Creepy Nuts, Human Nature, 98 Degrees

 

Boyband

IN→ SEVENTEEN, Sergio JR (In Real Life) , EMBLEM3 , BE:FIRST , THE DRIVER ERA, New Hope Club, Curtis T Johns (Five to Five), FOURCE, Snow Man

OUT→ JO1, Bars and Melody, Princes to Kings, INTO1, BTS, F.E.A.T.S, The Wanted, BROCKHAMPTON, The Vamps

 

 

総論

ご覧いただくと分かるように、今年のmanband枠は、前半戦を個人枠、後半戦をグループ枠とした。元からHarry Stylesをトップバッターに、Mark Owenを前半戦トリに迎えることに決めていたので、どうせなら全部個人枠にしてしまえ、と。そうなると必然的に後半戦のグループ7枠争いが熾烈になり、トップバッターのBig Time RushとトリのBIGBANG は揺るぎなかったので実質5枠。最後まで迷ったのは実はJustin Timberlakeの枠だったのだが(彼はゲストだったから)、曲の出来が素晴らしかったので入れました。ほぼ全く空き無くぴっちり14枠埋まる。埋まってから気づけば、上のIN & OUTにも書いたけど、2021-2022で1DとTT以外の12枠はガラリと変わった。1DもTTも出場者が交代しているため(1D: ZAYN→Harry、TT: Gary Barlow→Mark)、実質的には総入れ替え。

Manband枠の次点は、意外と思われるだろうがMarques Houston (Immature, IMx)。久々に見る名前だったしアルバムも良かった。当初は前半戦に入れる気満々だったが、i.amsoloとテイストが似ていたのでMarquesの方を諦めることに。

 

一方のboyband枠は結構迷い・・・もっとも、大トリのSnow Manこの記事を書いた時から「今年はこれで決まり!」と即決したし、トップバッターのSEVENTEENも曲の緊張感がHarryとの対比で上手くハマった。THE DRIVER ERAとかNew Hope Clubとか要所要所はキチッと決まったのだが、これで良かったのかな・・・と迷いがあったグループも。詳細は各論にて。

Boyband枠の次点は、こっちも初めて取り上げるつもりだったSurfacesNew Rules。ただ、バンドスタイルが多すぎても・・・と思い諦める。10月リリースだったPrettyMuchへ差し替え。

 

各論

Harry Styles (One Direction) vs. SEVENTEEN

Nial (2018年) → Louis (2019年) → Harry (2020年) → ZAYN (2021年)と来ていたから、今度こそなんでもいいからLiamに曲を出してほしかった・・・今年はHarryが良すぎたので仕方なし。なお、この'As It Was' (17日登場)に影響を及ぼしたと思しき'Take On me'のa-haは"27日"に出場。7繋がり。ココはこだわった。

SVTは、2019年に大トリに据えた時は結構勇気が要ったんだけど、今じゃK-POPの明日を担ってるもんなぁ。時間が経てば答え合わせができることも多い。今年の香盤は、boybandのトップバッターとmanbandのトリ(BIGBANG)がK-POPで、かつそれ以外に韓国組は出てこない。

 

Sergio JR (In Real Life) vs. MORISAKI WIN (PRIZMAX)

Sergioは、この世代の欧米系boyband出身者でちゃんとした出来のMVをリリースしてくれたことに感謝を込めて取り上げた。並の子ならlyric videoとかaudio ver.しか出してくれないものね。再生数が伸びないのはちょっと残念。みんなもっとSergio聴こうぜ。

それにしてもChanceの結婚には驚いた・・・(ここからは全て憶測だけど)若くして彼女に子どもを作らせてしまって、でも若いが故に所帯を持つことは許されず、俳優としても歌手としても一人前になった後に迎えに行くChance。妊娠したら中絶ができない(あるいは中絶にペナルティが課される)社会って、想像する以上に女性に負担をかけてしまっているんだなと思う。Hanson brothersの子沢山家庭とかも根っこは同じかもしれない。とまれ、Perez家の3人にはこれからも益々幸せになってほしい。

森崎さんはミャンマー枠(アジア枠)。今どき、Justin Timberlakeを彷彿とさせる歌い手がまさかアジアから出てくるなんて予想していなかっただけに嬉しい誤算。PRIZMAXの過去のリリースと合わせて貴重な収穫でした。イイ歌、歌ってるんだよなぁ、これがまた。

 

i.amsolo (Justice Crew)  vs. EMBLEM3

Solo Tohiはルックスも歌唱も俺好みで、グループ時代から目をつけていたからソロは嬉しかった!MVは薄暗がりだから彼の色気ある表情が見えなくてやや勿体無い。現在に近い彼が楽しめるMVは'Good Time'かな。リードソロなんですぐに分かります。現在のK-POP boybandと比べても、crew 6人のダンスは桁違い。

EMBLEM3は、このツイートした時は新曲だと勘違いしていた。新曲聴いても、正直あんまピンとこないな・・・デビューアルバムが今のところ一番出来良し。

 

MiC LOWRY vs. Derek Ryan (D-Side)

MiC LOERYはとても迷った枠だったのだけど、彼らの背後、志半ばで潰えたアフリカ系US / UK boybandの死屍累々を見ていると取り上げざるを得ず。boybandを選ぶ際には肌の色も結構重視しています。

Derek Ryanはいつか絶対登場いただきたい歌手の一人だった。同じIrishだと後輩Nial Horan (One Direction)とか、あるいはアジアでもD-Lite (BIGBANG)とか、boyband経由でcountry musicへと流れ着く(Nialはちょっとそこから逸れそうだけど)人は一定数いて、Derekはその代表格になると思う。上の世代ではちょっと見当たらないかな・・・皆、年重ねると、countryよりはR&Bに進んでしまうから。

 

ゴールデンボンバー vs. BE:FIRST

金爆は個人枠(笑)。とても不思議な曲だと思い、毎年恒例のJP manband枠*4で取り上げました。コード進行も、歌詞の紡ぐ物語も、微妙に前後が繋がってなくてフランケンシュタインみたいな曲なんだよね。けれど何故か歌いたくなる。

BE:FIRSTはそれと対照的に、歌詞も曲もとてもイイ。JO1やINIらLAPONE勢に物足りなさを感じるのはズバリ歌詞。曲を出せば出すほどLDHの歌詞と見分けがつかなくなっている。LAPONEにはLDHの轍を踏んで欲しくないなぁ・・・その点、BMSGはラッパーSKY-HI氏がちゃんと目を通しているだけあって、それぞれの作品がちゃんと珠玉の出来になっている。特に'Bye-Good-Bye'は国宝級。今すぐ英訳/西訳/韓国語訳して世界デビューしていただきたい。

 

CNCO & Adriel Favela vs. Ricky Martin (Menudo)

CNCOでなぜこのコラボ版を選んだかというと、小説「ブラッド・メリディアン」(コーマック・マッカーシー)にハマっていたから。MVのメキシコの荒野が、小説の陰惨ドロドロな世界と地続きに感じられて、ジャリジャリに乾いたギターアレンジもマリアッチ風で趣があった。彼らの主戦場reggaetonから距離があったのも好印象。

そしてついにMenudo出身者、もといRicky Martinを紹介できたのは感無量。同生年のCarlos Marine (Il Divo, 1971年生)が今年亡くなったのもあり、全く異なる分野・異なる国出身とはいえ、MVのラストシーンは同志の弔い合戦のようにも感じた。Menudo自体もboybandの源流の一つであることは間違いないので、その現在進行形をキャッチできたのは嬉しい。無論、こんなに凝ったMVで、かつRickyの仕上がった体と歌を堪能できたのも。

 

Mark Owen (TAKE THAT) vs. THE DRIVER ERA

今年、最も愕然としたのは、TAKE THATのことを(Mark以外ほぼ)全くフォローアップしていなかったこと・・・Gazの"A Different Stage"もタイムラインに浮かんだのしか見ておらず。ちょっと離れすぎてしまっていたな・・・

Gazが心なしかややこじんまりとし、Markが伸してきた2023年再始動の年、TT3のパワーバランスの変化を見守りたい。まぁ、大方は変わらないと思うけど。

THe DRIVER ERAは昨年のINROCKのインタビューから気になってきたboyband。彼らはちゃんと歌えるし、曲も面白い(まだ最高傑作は未来に眠っている予感)ので引き続きチェックする所存。来年もぜひこの年末の舞台にご登場頂きたい。お待ちしています。

 

Big Time Rush vs. New Hope Club

BTR、年頭は心がザワついていたものの、新曲を出すたびに(俺の心も彼らの活動も)落ち着いていった。収まるべきところに収まったって感じ。彼らにとってみればboyband時代を再現しているつもりかも。MVもそういう雰囲気で溢れている。アルバム出してもらえないかなー。ツイート見てもツアーの断片映像ばかりでアルバム出す気配がない・・・

一方、NHCはINROCK誌のインタビューにて次回のアルバムにちゃんと言及していたし頼もしいこと限りなし。俺の中ではとっくに先輩The Vampsを追い抜いた。3人ともメインでボーカル張れるって強いよな。セルフプロデュースだってできちゃうし。

 

Curtis T Johns (Five to Five)  vs. Collabro

ここであえてCurtis。ラインナップを一回通して聴き直しても、彼のような甘いハスキーボイスは貴重だったためご登場いただいた。Curtis自身のアップロードだとすぐに消されてしまいそうだが、他の方の手による映像のためしばらくは鑑賞できそう。Thatterの皆様も、たまには彼のことを思い出してあげてください。

対するCollabroは圧巻の一言。このアレンジだと、後半からロックテイストになってリズムが激しくなって妙なゴスペル風味になって・・・みたいな興醒めを予想していたのだが見事に裏切られた。4人とも互いの声を十分信頼しての力強く素晴らしいコーラス。クライマックスのロングトーン、はたして倍音なのか、それとも最高音のRedgraveのファルセットなのかが聴き分けられず。ご存じの方は手を挙げて(笑)

この対決、表の趣旨はカバー対決だが、裏の意図はLGBT対決。(しつこいようだが)Curtisのダンナさんとの行末が気になる・・・動画見ても指輪が映っていそうで映ってない。

 

a-ha vs. FOURCE

この対決、当初はSurfacesだったのだが(確かファルセッター対決とかだった)、あんまりピンとこなかったのでFOURCEに差し替えて「北欧」対決へ。が、後にオランダは北欧ではなかったことに気がついて、結果「欧州」対決に。オランダとデンマークを勘違い・・・赤っ恥だ・・・

a-haは本ブログではそこまで深く扱わないバンドスタイルのmanband枠*5。映画もぜひ観てみたい。

FOURCEは、2003年生以降の世代では珍しく長く続いているboybandだったから、いつかは採り上げたいと思いつつ、2022年で解散ということでラストチャンスと思いご登場いただいた。US boybandともUK boybandとも違う、(誤解を生みそうな表現だが)混じりっけなしの純粋さをFOURCEには感じる。何よりカッコいい!

 

Omar Rudberg (FO&O) vs. New Kids On The Block (ft. Salt-N-Pepa, Rick Astley, En Vogue)

Omarは昨年に引き続き登場。このAce of Baseのカバー、何が面白いって、leggaeをleggaetonに読み替えたこと。元々、Ace of Baseの一大発明がtechnoとleggaeを融合させたことだったのだけど、そこにOmarスペイン語で歌うことで地層がズレて、原曲とは似て非なるleggaeton-popを編み出した。Ace of Baseをスペイン語でカバーする流れ、今後も流行るんじゃないかな。Enlique Iglesias辺りが既に手をつけていそうな分野ではある。

NKOTBは、このMVが出た当時、元ネタを解説した投稿を上げようと思っていたが断念。調べることが自分にとっても勉強になるのは予測つくが、今更そんな熱量ない・・・気が向いたら書きかけだけでもアップロードしようかな。

 

Swarathma vs. Why Don't We

Swarathmaもバンドスタイルではあるが、以前から狙っていた魅力的なmanbandだったので、このアニメーションMVの最高傑作にて初登場。皆さん年齢非公表みたいなので(おそらく40代)そこは掲載断念。Morten Harket (a-ha, 1959年生)より年長ってことは多分ないだろう。

WDWは、この曲よりも'Just Friend'のMVの不穏さが好みなんだが、Swarathmaとの対決要素(白背景)との関係からこっちにした。WDWの理想形はJonais Maraisのガタイの良さにあって、それに向かって他の4人がボディメイクに切磋琢磨している図式。'Just Friend'のMVのラスト、断崖絶壁に向かって一目散に走るJonaisと、それを追いかける4人の構図がまさにコレなんだ。

 

PRETTYMUCH vs. Calvin Harris (ft. Justin Timberlake (*NSYNC), Halsey & Pharrell)

PMはMVリリース時期の関係もあって、一番最後に香盤に収まった。Nick Maraの離脱は痛いなぁ・・・彼の直近のソロインタビュー*6を読み直していると、K-POPを評して「ハードでクリーンで精密なパフォーマンス」というのが、当時まさに我が意を得たりだったのを思い出した。「クリーン」!!そう、K-POPはクリーンなんだ!と。ダンスの素地があって歌も歌えて、かつこういう客観的で率直な批評眼を持つboyband memberが表舞台から去ってしまったのは寂しい。また帰ってきてね。

JTの登壇は希望を込めて。Grammyにはカスリもしなかったね・・・"Man of the Woods"は2018年。JTの新譜が恋しいよ。米国だと何かと叩かれそうだから、日本限定で曲出してもらえませんかね。

 

BIGBANG  vs. Snow Man

ラストはまさかのアジア対決。待ち侘びていたとはいえ、BIGBANGは当初、トリに据えるつもりは全くなかったのだけど、この曲をどう聴いても大晦日以外にはあり得ないと思った。そしてトプさんの月旅行行きで跳満、話題性バッチリでトリ確定。

Snow Manは本作で様々な「役」がついている。男兄弟の六つ子漫画「おそ松くん」、をリメイクしたアニメ「おそ松さん」、の実写映画「おそ松さん」にて主役9人を演じかつ主題歌も歌うSnow Man。ダブル、あるいはトリプル役満*7。どこまでもboyband要素みっちりで、かつ絶好の良曲。事務所の選曲傾向から言って、ここまでベストな当たり曲には向こう十年巡り会えないのでは。

また、bluesのコード進行に、日本の伝統でもあるtalking bluesを乗っけてあたかもrapのように見せかけているのもめっちゃポイント高い。ダテ様や、めめのパートね。すなわち、'港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ'って訳ですよ。このblues+talking bluesをもって、K-POPのtrap+rapに立派に対抗できているのは胸が熱い。

Snow ManはMVやDance PracticeをマメにSNSにアップロードしてくれるのもありがたい。お陰で俺のようなYouTube watcherでも気軽に付いていける。今後も活躍を期待。願わくばアルバムもデジタルで出して欲しいなぁ。

 

*****

 

結論

ここまででお察しの通り、2022年、BTSの枠は無し。グループ活動にちょっとブレーキをかけ、ソロ活動に精を出し始めた彼らは、良くも悪くも誰を追いかけて良いのか分からず迷ってしまった。綺麗に七等分、各々やりたいことをそれぞれのタイミングで始めたものだから、傍から見ているとグループ活動時に比べて盛り上がりに欠ける。誰か一人が(たとえばグクとか)BTSをはるかに超えるソロ曲を出して堂々グループから離脱するくらいでないと。Manband四天王は皆そんな感じで突き抜けていった。

このBTS頭打ちなムードが、今年のK-POP boybandを取り巻いていたように感じる。何を聴いても、誰が踊っても、同じ迫力、どこかで見た雰囲気。2022年はKep1erを筆頭にヨジャグルが席巻した年だったと言えるけど、その裏側でナムジャの元気がなかったのはBTSの背中が見えなかったから。そんな印象を、今年の香盤に込めました。一方の日本勢は、選ぶのが楽しかったし、(登場させたいバンドがいくつもあって)存分に迷いました。

欧米boybandの過疎化はもう回復しようがないところまで来ているね・・・NorwayではついにBallinciagaなるanonymus boybandまで登場する始末。ちょっと北欧まで出張してくるか・・・・

 

まとめは以上です。今年もよろしく。

 

<おまけ:2018-2022 選出表 (計79組)>

  2022 2021 2020 2019 2018
TAKE THAT
One Direction
CNCO ◯1
Why Don't We
PrettyMuch   ◯1
New Kids On The Block  
5 Seconds of Summer  
BTS  
Princes to Kings  
Westlife   ◯2
New Hope Club    
*NSYNC    
In Real Life    
RoadTrip    
BROCKHAMPTON    
Hanson    
Jonas Brothers    
Boyzone     ◯2
SEVENTEEN      
MiC LOWRY      
FO&O      
JO1      
Human Nature      
JLS      
DA PUMP      
The Overtones      
AJR      
Take 6      
Backstreet Boys      
B2K      
INTERSECTION      
PRIZMAX        
EMBLEM3        
Justice Crew        
D-Side        
BE:FIRST        
ゴールデンボンバー        
Menudo        
THE DRIVER ERA        
Big Time Rush        
Five to Five        
Collabro        
FOURCE        
a-ha        
Swarathma        
Snow Man        
BIGBANG        
SHINee        
Bars and Melody        
INTO1        
Silk Sonic        
Caught In The Act        
The Wanted        
Creepy Nuts        
The Vamps        
98°        
NCT 127        
Jack & Jack        
Blue        
原因は自分にある。        
Jodeci        
SUPER JUNIOR        
w-inds.        
Il Volo        
OK Go        
McFly        
O-Town        
電気グルーヴ        
NCT Dream        
B5        
Da-iCE        
Lead        
Busted        
BBMak        
NORD        
Il Divo        
Next Town Down        
New Edition        
Out of the Blue        

◎:前半トップ、●:前半トリ/大トリ、☆:後半トップ、★:後半トリ/大トリ

記号の色は出場枠の別(boyband / manband

1: CNCOとPrettyMuchのコラボ

2: Boyzlife

 

5年間の選出結果はなかなか興味深い。表で上位の組ほど本ブログの贔屓であることには間違いなし。

 

 

 

 

*1:ソロ活動含む

*2:セルフカバー含む

*3:ただし、オリジナルメンバーではない

*4:DA PUMP (2018年)→電気グルーヴ (2019年)→w-inds. (2020年)→DA PUMP (2021年)

*5:BBMAK (2019年)→OK GO (2020年)→ちょっと変則だがSilk Sonic (2021年)

*6:INROCK 2021 May, Vol.449, p.64

*7:さらに事務所創業60周年という裏ドラも乗っている。「女帝メリー喜多川」小菅宏著、青志社、p.3

<2022年Boyband vs. Manband 歌合戦> 最終日は2022年を締めくくる最高傑作対決! '봄여름가을겨울 (Still Life)' by BIGBANG vs. 'ブラザービート' by Snow Man!

晦日です。年越しの準備はいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初詣はどこへ行きますか。二年参りの予定の方もいらっしゃるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

二週間前に始まったBoyband vs. Manband 歌合戦も、本日で最終日。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2022年の幕を下ろすにふさわしい二組に登場いただきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先攻manbandは、今年、所属事務所との契約更改を迎えた大物K-POP manband。ある者は去り、ある者は残り・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

季節は巡る。冬はまた春を連れてくると信じて。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

'봄여름가을겨울 (Still Life)' by BIGBANG (2022/04/05 MV公開)

www.youtube.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*****

BIGBANGメモ

今日のK-POP天下の土台を築いた韓国芸能界の最高峰。K-POP第二世代に当たり、国内外への影響力が桁外れな彼らはしかし、個性も音楽の方向性も全く異なっており、かつて同じ舞台に立ち、同じ曲を歌い、目を見交わせて笑い合っていたのが奇跡と思えるくらい。

 

卯年に異国の社長と月旅行、本作MVが現実になりそうなT.O.P (1987年生)

後輩グループに多大な影響を及ぼすK-POPの現人神、G-DRAGON (Jiyong) (1988年生)

今月、YG傘下のレーベルへ移籍、ボーカルと筋肉の人SOL (Taeyang) (1988年生)

一方、YGから離脱を表明、しかしグループには残る、トロットも嗜むD-LITE (Daesung) (1989年生)

そして、巡る4つの季節にも、4つ並んだ椅子にも彼の姿はないV.I (Seungri)(1990年生)

 

2年前からこの日を待っていました。こんな寂しく、こんなにも美しい曲を紹介することになるとは予想だにしなかったけれど。

*****

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「2022年」という映画のエンドロールのような作品。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メンバーそれぞれ、歌唱パートに個性を滲み出させていたけれど、誰かと同じ画面に現れることはないし、歌声を重ねることもない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

季節は巡り来るけれど、異なる季節が同時に訪れることはない。だから・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「4」という数字にもこだわりが。MVの公開時期も示唆的でした。*1

 

 

 

 

 

 

 

さぁ、今年の余韻をしみじみと噛み締めつつ、新しい年、新しい風を迎えましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

後攻boybandは、こちらも誠に長いことお待ちしてました。ようやくこの年末の舞台へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

今年、日本の芸能界を上へ下へと大忙しの9人組。賑やかに締めくくってもらいましょう!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

'ブラザービート' by Snow Man (2022/03/09 Dance Practice映像公開)

www.youtube.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*****

Snow Manメモ

先代社長が最期にメンバーを指名したと伝えられるグループの1つ。下積み10年超の実力者が6人も居並ぶ中に、3人の若手を抜擢して中心に据えたことでかえって結束力が強まったのはあの先輩manbandと同様か。

 

憧れの副社長がまさかの退所、心境はいかばかりか深澤辰哉 (1992年生)

ついにラジオに進出しオタクの本領発揮、ピンクの髪の佐久間大介 (1992年生)

近所のモスバーガーに彼のポスターが、メインボーカル渡辺翔太 (1992年生)

料理の腕前や味覚はメンバー内でもダントツ、雅なダテ様宮舘涼太 (1993年生)

SASUKEでグループを飛び出し憧れの緑山へ、タックルが楽しすぎる岩本照 (1993年生)

インテリ気象予報士が演出するライブはまるで実験室のよう、仕切りはこの人阿部亮平 (1993年生)

主演映画では主役中の主役に大抜擢、グループに関西人のキレを持ち込んだ向井康二 (1994年生)

朝ドラではヒロインの相手役を熱演、クールなテクノカット目黒蓮 (1997年生)

ゼロ年代の巨星にしてZ世代の特大アイコン!ランウェイでも輝くラウール (2003年生)

 

パズルのようなフォーメーションにバッキバキのアイソレーションが光るダンスで観るものを魅了する9人。個性はバラバラ、やりたいこともアレコレ、超多忙なスケジュールでも、お互いを思いやる目は下積みの頃と変わらない。今夜も期待しています!!

*****

guamman9bonbon.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最終日はmanband、boyband共に本ブログのイチオシを紹介しました。いかがだったでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2022年歌合戦、これにて終演。良いお年を。

*1:公開当初、この日付は「4人/5人」の意味ではとひとしきり話題に。

<2022年Boyband vs. Manband 歌合戦> 13日めは 'H2L' by PRETTYMUCH vs. 'Stay With Me (ft. Justin Timberlake, Halsey & Pharrell) by Calvin Harris!

今日は第64回日本レコード大賞の授賞式。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Boyband / Manband関係では、純烈、wacci、Da-iCE、それにBE:FIRSTがノミネート。本命はAdoかな。BE:FIRSTが受賞、という快挙もあり得るか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新人賞のOCHA NORMAが個人的には楽しみです。最優秀賞、取れるといいな・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、Boyband vs. Manband 歌合戦も佳境に。ご紹介できるのも残り4組となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日の先攻boybandは今年、メンバーの脱退を発表し、残り4人で再始動を誓う彼ら。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全編、粗い画質のその理由は・・・MVのラストが切ない!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

'H2L' by PRETTYMUCH (2022/10/8 MV公開) 

www.youtube.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*****

PrettyMuchメモ

CNCO、Why Don't Weと並ぶ、現代米国boyband御三家の一角。Simon CowellのSycoレーベルから離脱し、アルバムではなくEP(本人たち的にはmixtapeの位置付けか)リリースを主体とする彼らは、誰もが予期せぬ獣道を歩み始めたばかり。

まだ日本のアニメは好きでいてくれているのかな、チーム唯一の家族持ちAustin Porter (1997年生)

高音の甘い声、本作MVラストに彼の荷物と左手首のブレスレットが映る、Nick Mara (1997年生)

Nickが去ったら高音パートは全て彼の背に、Edwin Honoret (1999年生)

ヒゲを伸ばして上半身脱ぐとDustin Michael (B5の長兄)に似ているZion Kuwonu (1999年生)

盟友の離脱に何を思う、バンドのプロデューサーBrandon Arreaga (1999年生)

 

至って平和的な離脱、ということでファンとしては一安心。どうでもいいことだけど、Nickってキャップ被るオモコロのかまどさんにそっくりだよね。

***** 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何を隠そう、ブログ主はNick推しだったのでちょっと残念・・・*1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Iconic Boyz出身のNickだから、ダンスの道へ戻っていくのかな。また逢える日を楽しみに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、後攻manband、ダンスといえばこの御仁。相手にとって不足なし!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この数年は諸事情あってリリースは控えめ、子育てに専念。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし旧知の友人たちは彼の才能を放ってはおかない。キラキラなダンスチューンがこの世で最も似合うから!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

'Stay With Me (ft. Justin Timberlake, Halsey & Pharrell) by Calvin Harris (2022/07/16 MV公開)

www.youtube.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*****

*NSYNCメモ

世紀の変わり目に、ほんの束の間boyband movementの頂点に君臨した*NSYNC。フロントマンの突然の離脱と活動停止(=事実上の解散)により強制的にシャットダウンしてしまい、四半世紀たった今でもファンの気持ちは宙ぶらりん。

The Masked Singer Season 8では早々に"Take it OFF!"されてしまったChris Kirkpatrick (1971年生)

インストラクターCody Rigsbyの番組"LOL Cody"にゲスト出演、ヒゲまみれでJTと全く区別がつかなくなっちゃった、かつてのダンス番長JC Chasez (1976年生)

離婚後のキッチンツアーでスッカスカの冷蔵庫をチラッと見せつつ、後はお得意のトークで埋める、この人のこういうとこすげぇ好きJoey Fatone (1977年生)

今年亡くなったAaron Carterとの近影と長文コメントを公開、ありがとうLance Bass (1979年生)*2

そして本稿の主役、自身のこれまでのバックカタログを全て売却した*3Justin Timberlake (1981年生)

 

JTの音楽活動は、騒動の収束までこんな感じで進むんだろうと思いつつ、そろそろ彼自身の手による新譜が聴いてみたいところ。特にK-POP starたちとの共演とか見てみたいね。

*****

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PMって今の米国の流行を素直にMVへ取り入れてくれるから、流行に疎いブログ主にとっては貴重な物差しみたいなboyband。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このCalvin Harrisの曲のMVも、フィルムが日に灼けたような80'sっぽい雰囲気はPMと似ていて、そこが今ふうだな、と。そんなことを思う晦日

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、明日の大晦日は、今年誰もが耳にしたピカイチの曲をご紹介。お楽しみに。

*1:PrettyMuchはNick Mara、Why Don't WeはJona Maraisという、boyband二大Mara(is)推し。どっちも甘い高音使い。惜しいことに共演は実現しなかった・・・

*2:AaronとLanceについてはこちらの記事も参照。今思えばAaronは、Lanceの生き方に(Joeyとは別の方向から)最もシンパシーを感じた友人の一人だったのかもしれない。

*3:INROCK 2022 August, Vol.464, p.37

<2022年Boyband vs. Manband 歌合戦> 12日めは 'Dus Minute Aur' by Swarathma vs. 'Let Me Down Easy (Lie)' by Why Don't We!

Boyband vs. Manband 歌合戦、残すところ今日を含めあと3日。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日から大晦日にかけて、boybandmanbandそれぞれ3組ずつ、計6組が登場。対決テーマは関係なく、それぞれベスト3ともいうべき傑作を揃えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうきたか、うーん、なるほど!!と、唸って頂けるとありがたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、本日の先攻manbandは、遠くインドからのお客様。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは三人の登場人物をご紹介。一人目はBilloo。痩せ型の男で、いつも遅れてくるヤツ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

二人目はChhotu。デジタル世代で、永遠の責め苦を負う学生。そして、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後はDidi。真のブルーカラーで時間とWifiに押しつぶされそう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな彼らの(すぐ分かっちゃう)共通点とは?そして彼らの運命やいかに!?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

'Dus Minute Aur' by Swarathma (2022/06/17 MV公開)

www.youtube.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*****

Swarathmaメモ

インドはバンガロール南インドの中央部)出身のfolk-rock band。最先端のrock musicを追求する傍ら、国内各地でインド音楽の啓蒙活動やワークショップにも精力的に参加。彼らのYouTubeチャンネルにて時折アップロードされるライブ映像も華やかで趣がありオススメだ。

ジェンダーフリーの格好が何故か似合うフロントマンVasu Dixit (Vocals & Guitar)

長髪にお髭がトレードマークのGibson使いVarun Murali (Guitar & Vocals)

グループきっての理論家Jishnu Dasgupta (Bass & Vocals)

お堅いエレキサウンドの中に涼しい一陣の風を、スキンヘッドのSanjeev Nayak (Violins & Vocals)

YouTubeチャンネルでdrum sessionを披露Vinay Ramakrishnan (Drums)

それに、この曲にはクレジットされていないが他の映像には顔を見せるJoel Milan Baptist (Drums & Percussion)

 

'Beta Sweater Pehno'の傑作MVを一目見て心奪われて以来、いつかはこの年末の舞台に、と首を長くしてお待ちしてました。リリースまで試行錯誤があったらしい、ベテランバンドとしてもチャレンジングな一曲なのに、可愛らしいアニメーションのおかげで一気にインドと日本の距離が縮まった。

*****

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実はこの曲、2021年リリースで、Rolling Stone India誌では2021年のベストシングル10選に選ばれていたそうな。RS誌のお墨付き。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

歌詞の意味が分かるとより楽しいかな〜、と思い、Google翻訳でささっと訳してみました(ヒンディー語 or ウルドゥ語→日本語 or 英語)。こんな感じの曲みたいです。雰囲気だけでも味わってみて。

'Dus Minute Aur' by Swarathma

Composed by Swarathma - Varun Murali, Vasu Dixit, Sanjeev Nayak, Jishnu Dasgupta

Lyrics by Syed Aslam Noor and Jishnu Dasgupta

 

Dus minute aur sone de, bhai mujhe

もう10分寝かせて、兄弟よ

Dus minute aur sone de, haaye

あと10分寝かせてよ、ハイ

Der hoti hai tho hone de, bhad mein jae 

もし遅れたらどうせ、地獄行き

Dus minute aur sone de

あと10分寝かせてよ

 

Kehte hain sunte par karte nahin

ねぇ聴いて、でも絶対しないでね

Sehtey hi rehte hain hum toh yahin

ずっとしんどいし、ここにいるよ

Sunega savera jab apni kabhi

朝には君に聴きたいね

Banega zara sa phir khud par yakeen

もう一度自分を少し信じてみよう

 

Dus minute aur sone de, bhai mujhe

もう10分寝かせて、兄弟よ

Dus minute aur sone de

あと10分寝かせてよ

 

Raat toh hai sone ki

夜は寝ること

Din mehnat pasine ki

汗だくの日

Baat toh sahi hai pyaare

そうだよね

 

Jaldi sabko jaane ki

早く家を出ること

Neend ko bhagaane ki

寝るために

Par neend se sabhi hai haare

だけどみんな眠りを無くしてる

 

(繰り返し)

 

Jeena hai jaana hai chalna hai aage

生きて前に進んで行かなきゃね

Sapno ki duniya se uthke bhaage

夢の世界から抜け出して

Paana hai badhna hai neend se toh jaage

成長しなきゃなんないし

 

Dus minute aur sone de

もう10分寝かせて

Dus minute aur sone de

あと10分寝かせてよ

Hona hai jo bhi hone de

何が起こったとしても

Dus minute aur sone de

あと10分寝かせてよ

 

Wake Up 

 

(ラップ)

koi subah se nikla hai toh koi raat ka chela hai

朝から現れる人もいれば夜の民もいる

har kahin zamaane mein bus yehi jhamela hai

それが世界どこでもただ一つの混乱なんだ

kaisi manmaani hai aakhir kaun isko samjha hai

なんて恣意的なんだ、結局誰がこれを理解したっていうんだろう

apne khaate ke hisaab karvaton mein ginta hai

君も収支のバランスを計算しないとね

 

Har kisi ko chinta hai

みんな困ってる

Kaun kiski sunta hai

誰が誰のことを聴いてくれるの

Sab toh apni dhun mein hai padey

みんなが各々のリズムに乗ってるのに

 

Faaslon ko gintaa hai

距離を数えて

Raaston ko chunta hai

道を選んで

Manzilon ka koi kya karey

目的地はどこにすればいいの

 

Jeena hai jaana hai chalna hai aage

生きて前に進んで行かなきゃね

Sapno ki duniya se uthke bhaage

夢の世界から抜け出して

Paana hai badhna hai neend se toh jaage

成長しなきゃなんないし

 

Dus minute aur sone de

あと10分寝かせて

 

7 nahi

7分?いえ

8 nahi

8分?いいえ

9 nahi

9分っ?いやいや

Dus Dus 

10分!10分ね!

 

Dus minute aur sone de, bhai mujhe

もう10分寝かせて、兄弟よ

Dus minute aur sone de

あと10分寝かせて

Khwaabon mein khone de mujhe, bhai mere

夢の中で迷子にさせて、兄弟

Dus minute aur sone...

あと10分寝かせて・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところどころ訳が繋がらないところはあるけれど、ラストの「夢の中で迷子にさせて」はドキッとさせられる。眠気は万国共通の災難なようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4分超の労作に対抗できるのは若い力しかないでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

後攻boybandは、様々な事情の下に今年、活動休止を決めた米国boyband御三家の一角!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メンバー全員、黒一色で統一したプロフィール写真の撮影現場。心機一転を図るもすぐに活動休止を余儀なくされ、果たして何を思う?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

'Let Me Down Easy (Lie)' by Why Don't We (2022/04/14 MV公開) 

www.youtube.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*****

Why Don't Weメモ

「一緒にやんない?」をグループ名に持つ、元々ソロアーティストだった5人のティーンが自然発生的に集まってできた音楽集団。甘いルックスとオシャレさんな身なりに油断していると、競い合うように今なお上達する歌唱力と絶妙なコーラスワーク、そしてそれらを巧みに演出する音と映像の魔法にたちまち虜になっちゃう。

抜群のルックスとメンバー随一の上背を持ち、ライブでの歌声は聴くものを蕩けさせるJonah Marais (1998年生)

肉体改造の甲斐あって、デビュー当時のスレンダーな印象からは想像できないほどゴツくなっちゃったCorbyn Besson (1998年生)

WDW休止後初のソロデビュー*1'Can We Pretend That We're Good?'は意味深なタイトルとトレモロ・エフェクトが印象的なDaniel Seavey (1999年生)

工事現場の兄ちゃんみたいな"super pretty"へとヘアチェンジしたJack Avery (1999年生)

体を鍛えたからか、頭の小ささと首の太さのバランスが絶妙に。本作でリードソロをとるZach Herron (2001年生)

 

直近のバンドインタビュー*2を読む限り、困難に直面しても変わらない絆の5人。来年は誰のソロデビューから始まるか(最年長だしJonahかな?)、楽しみに待とう。

*****

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マネジメントの不条理に苦しむのはboybandの通過儀礼みたいなもの。WDWがそれをどうクリアしていくのか、温かく見守りましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

早いもので明日はもう晦日WDWの次は当然あの・・・お楽しみに。

*1:INROCK 2023 January, Vol.469, p.54

*2:INROCK 2022 July, Vol.463, p.56

<2022年Boyband vs. Manband 歌合戦> 11日めは往年の〇〇対決! 'Todo De Ti (All That She Wants)' by Omar Rudberg (FO&O) vs. 'Bring Back The Time (Ft Salt-N-Pepa, Rick Astley, En Vogue)' by New Kids On The Block!

本日は28日。仕事納めという方もいらっしゃるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

年末まで仕事の予定みっちり、という方もお疲れ様です。風邪など召されぬよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さあ、Boyband vs. Manband 歌合戦、11日めは、懐かしの・・・対決。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先攻boybandは、昨年の年末まとめから2年連続の出場。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

同郷の大先輩グループの名曲を大胆に換骨奪胎、現代風にカバー。なんか思わせぶりなMVにもニヤニヤしてしまう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

'Todo De Ti (All That She Wants)' by Omar Rudberg (FO&O)  (2022/07/01 MV公開) 

www.youtube.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*****

FO&Oメモ

デビュー当初から幸運にもJustin Bieberに見初められ、彼のツアーのオープニングアクトに抜擢されたSweden出身の(元)四人組。メンバー脱退や改名を経て、2017年からはhiatus、メンバーそれぞれソロプロジェクトを満喫。

トレードマークだったブロンドを栗毛に戻して活躍中、Oscar Enestad (1997年生)

脱退後、ポツポツと旅の記録をInstagramに上げているOscar Molander (1997年生)

ブロンドの短髪が印象的だが今年はこれといった活動が見られなかったFelix Sandman (1998年生) 

そして、自らのセクシャリティをふわりと棚上げしつつ、LGBTQにシンパシーを寄せるVenezuela出身の末っ子、Omar Rudberg (1998年生)

 

MVの中では、嫌がったり「そういうフリ」を演じていたりするけれど、彼の実存はどちらでもなさそう。Omarのこういう「宙吊り」なテイストが20'sっ子って感じ。

*****

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログ主にとっては青春すぎて思わず膝を打ったカバー。21世紀なのにこの選曲!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、'All That She Wants'ってこんな曲だったかな・・・と思って原曲を聴き直すと印象があまりにも違うのでびっくり。そうそう、サビ直前でメジャーからマイナーに転調する曲だったよな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2022年現在、'All That She Wants'ってこんな感じの曲、と提出されると思わず頷いてしまう。そんな不思議なテイストを持つOmar版でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみにAce of Base初期のプロデューサーDenniz Popは、90's boybandと切っても切れない超重要人物*1。Max Martin御大のお師匠さんでもある。ご存知ない方はぜひチェックしてみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなAce of Baseが活躍した90年代から、時計の針を10年ほど戻します。黄金の80年代へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

後攻manbandは、お待たせしました、「懐かし」と「コラボ」はお手のもの!今回も豪華すぎるゲストの連続!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

'Bring Back The Time (Ft Salt-N-Pepa, Rick Astley, En Vogue)' by New Kids On The Block  (2022/03/03 MV公開)

www.youtube.com

 

 

 

 

 

 

 

 

*****

New Kids On The Blockメモ

現代型boybandの源流の1つであり、特に白人バンドとしては草分け的存在の5人組。キャリアの初期からR&Bとhip-hopの2本柱で活動し、本格的なダンスパフォーマンスによりアイドルとしての一時代を築く。近年、同世代のゲストとのコラボ曲をリリース→その曲で合同ツアー、という他に類を見ないビジネススタイルを確立している。

長年連れ添った相方と無事結婚したり土地がらみの訴訟に巻き込まれたりと、2022年は大忙しだったJonathan Knight (1968年生)

自らのYouTubeチャンネルにて料理動画を上げ続けるマッチョマン、振り付け担当Danny Wood (1969年生)

昨年は"Masked Singer: Season 5"にもサプライズで登場、judgeの一人である奥方の腰を抜かしたDonnie Wahlberg (1969年生)

往年の二枚目からノリノリの三枚目へ、本人が楽しいならそれでいいかもリードシンガーJordan Knight (1970年生)

来年は新春早々Carnegie Hallでワンマン、Joey McIntyre (1972年生)。

長い芸能生活で培った幅広い人脈を、自らのビジネスモデルに組み込んでいくのが巧みなNKOTB。そうかと思えば、グループ活動とソロ活動をしっかり切り分けて、どちらも楽しんでいる様子が羨ましい。

*****

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本作の元ネタが知りたい方はYouTubeのコメント欄をどうぞ。'Rio' by DuranDuranはすぐ分かったんだけどなー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日は、楽曲自体というよりも、往年の雰囲気そのものをカバーした対決でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明日より、本ブログが推す2022年ベスト3の発表です。お楽しみに。

*1:'Show Me The Meaning Of Being Lonely' by Backstreet BoysのMVはDennizに捧げられていて、彼を含む死者(や辛くも命が助かったBrian Littrell)がモチーフになっている。チラッと映るバスの運転手役にDennizに似た役者を配置したのは有名な話。絶頂期にこんな暗いMV作れたのはすごいよね。メンバーも皆、美しい。

<2022年Boyband vs. Manband 歌合戦> 10日めは欧州対決! 'I'm In' by a-ha vs. 'REALISATIE' by FOURCE!

寒くなってきました。今週は、この冬で最も強い寒波が押し寄せるそう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな寒い日には、もっと寒い国に思いを馳せて、寒さを乗り切りましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Boyband vs. Manband 歌合戦、本日10日めは、欧州対決。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先攻manbandは、今年各所で話題沸騰のあのバンド。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジェーン・スーさんをして「いい感じにめんどくさいおじさん」と言わしめた、美しすぎる熟年バンドマン達!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

'I'm In' by a-ha (2022/07/08 MV公開)

www.youtube.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*****

a-haメモ

NorweyからLondonへ一旗上げにやってきた三人の若者達。一人が持ってきた作曲メモに書かれた"a-ha"は、曲としての出来はイマイチだが、バンドネームとしては光るものがあったという。

メガネかけてもお団子にしても色気が半端ないMorten Harket (1959年生)

a-haのメインライター、PålことPaul Waaktaar-Savoy (1961年生)

誰もが知ってる彼らの看板曲のキーボードのフレーズを書いたのはこの人*1、Magne Furuholmen (1962年生)

 

"a-ha THE MOVIE"も公開されたが*2、そこでは表現しきれなかった彼らの音楽表現が結実、"a-haからの音楽という手紙のようなもの"*3として昇華された。

もうアルバムは出さない、ツアーはしないと断言しながら「過去を裏切り」続けるa-haは、やっぱりめんどくさいおじさんなのかもしれない。

*****

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最新アルバムと同名の映画"True North"からカットインされた映像美に圧倒されますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

荒れ狂う海、北海の向こう側には、もしかしたらこんなバンドが待っているかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

後攻boybandは、2022年に活動の幕を下ろすオランダの実力派。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もうお子様バンドとは呼ばせない!歌も上達し脂は乗り乗り、絶頂期でラストを迎える4人組!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

'REALISATIE' by FOURCE (2022/09/25 映像公開) 

www.youtube.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*****

FOURCEメモ

Junior Eurovision Song Contest 2017にてデビュー、好成績を収め、そのまま勢いに乗ってグループ活動を開始したオランダ出身の4人組。ほぼ一貫して母国語でアイドル活動をする硬派な(ある意味外国人泣かせの)boybandでもある。

メンバーは、

黒髪にボーダー服でリードソロをとるMax Mies (2003年生)

ジージャン姿でラップを決めるJannes Heuvelmans (2003年生)

黒のダウンベストIan Kuyper (2004年生)

ブルーのスタジャンNiels Schlimback (2005年生)

と美青年揃い。きっと彼らのためにこそInstagramというSNSは存在するんだな・・・

 

貴重な10代をアイドル活動に捧げ尽くした彼ら。ぜひ、これまで以上に充実した20代を過ごして欲しい。

*****

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この野外ライブステージを見ていると、オランダって大人の国だな・・・って思う。アイドルのステージ鑑賞って、実はこれくらい自由でいいかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

FOURCEも、きっとa-haのように、5年後くらいに再結成してくれることでしょう。ほぼ間違いなく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

永遠に続くmanbandもあれば、ステージから去るboybandもある。悲喜こもごもです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、明日は欧州出身のboybandからスタートです。一体誰から?お楽しみに。

*1:INROCK 2022 November, Vol.467, p.56

*2:INROCK 2022 March, Vol.459, p.7

*3:INROCK 2022 November, Vol.467, p.56