Bon Bon Boyband ! Man Man Manband !

海外Boyband/Manbandのニュースに簡単なコメントを添えたブログです。

<Manband列伝> 1974年生

🇦🇺Andrew De Silva (CDB) (1974/11/23)


These Days ANDREW DE SILVA

ガン治療のためCDBを離れたAndrew De Silva。寛解後に活動を再開、コンスタントにシングルを発表し、2016年にはロックバンドBoom Crash Operaの2代目ボーカリストとなるに至る。R&B歌手らしい独特な歌声。

 

🇺🇸Jamie Jones (All-4-One) (1974/11/06)


All 4 One - Now That We're Together Music Video Premiere

'Now That We're Together'のリードソロはAll-4-One最年少のJamie Jones。

 

🇮🇪Keith Duffy (Boyzone, Boyzlife) (1974/10/01)


Cheeky Brian McFadden and Keith Duffy Were Mistaken for Father and Son! | Lorraine

Boyzoneのツインタワーの一人であり、かつBrian McFadden (Westlife, Boyzlife)の善き兄貴分でもあるKeith Duffy(サムネイル向かって右)。Westlife再結成時には、Brianをハブにした残り4人に苦言を呈するなど、manbandご意見番としての側面も。Boyzone解散後もきっと何かとBrianのお世話を焼き続けなきゃならない予感。ご苦労様です。

 

🇯🇵Taichi Kokubun (TOKIO) (1974/09/02)

 

🇫🇷Filip Nikolic (2Be3) (1974/09/01)


interview les 2be3 - Archive INA

在りし日のFilip Nikolic(中央)。

 

🇺🇸Rich Cronin (LFO, Sureshot) (1974/08/30)


Rich Cronin - "Impossible"

 

🇩🇪Achim Remling (Trademark) (1974/08/24)


Achim Petry - Tinte (Franz Rapid Mix)

伝説のGerman boyband、TrademarkのフロントマンAchim Petry a.k.a. Achim Remling。今やこんなに激シブに。

 

🇬🇧Mark Baron (Another Level) (1974/08/18) 

The Big Reunionの際Mark Baronは参加できなかった。というのも彼は、勤め先の不動産会社社長(Lord Alan Sugar)の娘婿であり、そのSugar卿がThe Big Reunionへの参加を許さなかったからなんだって。そういう経緯がある人だから、上の近影はなかなか貴重(向かって右)。

ちなみに同姓同名のmusical directorの方は別人(アメリカ人)。

 

🇬🇧Brian Harvey (East 17) (1974/08/08)


Brian Harvey - I Can ( Eurovision 2007 )

East 17の活動と並行して出場したEurovision 2007のUK国内決勝。Brian Harveyは新曲'I Can'を披露するものの、結局本選には出場できず。その後の2010年、BrianはEast 17を脱退し、ソロの道を本格的に歩むことになる。

 

🇯🇵Yutaka Yasuoka (The Gospellers) (1974/08/05)


「私がゴスペラーズじゃなかったら ~安岡 優編~」ティザー映像

「私がゴスペラーズじゃなかったら」のフィナーレを飾るグループ最年少の安岡さん編。結局、何の職業だったんだろう…かなり気になる。

 

🇬🇧Spike Dawbarn (911) (1974/08/05)


发掘才艺计划 "Spike" Dawbarn:我会用尽人脉帮助人才

映画"Casper"の主題歌911だったのか。なんだか懐かしい。Spike Dawbarnは、上のゴスペラーズ安岡さんと同じ生年月日。

 

🇺🇸Dan Konopka (OK Go, drums & percussion) (1974/07/26)


Dan Konopka from OK GO Interview at Strange 80's 2

このブログでは"Manband"と"Rock band"との間にしっかり線を引いている…つもりなんだけど、OK Goのチャーミングさには、彼らがれっきとした"Rock band"であるにもかかわらず、思わず"Manband"側に引き入れたくなっちゃう魅力がある。その魅力に一役買っているのが最年長のDan。MVではしかめっ面が多い印象だが、この動画はニッコニコでこっちも嬉しくなる。

 

🇬🇧Terry Coldwell (East 17) (1974/07/21)

www.instagram.com

今やEast 17唯一のオリジナルメンバーとなってしまったTerry Coldwellの近影。元同僚のJohn Hendyには去り際に「もうグループ名変えたほうがいいんじゃないの」と言われながらも、East 17の暖簾を守り続けている。ドイツで開催される"90er Live"には精力的に参加し、その活況をInstagramにアップし続けてくれている。

 

🇯🇵Tsuyoshi Kusanagi (SMAP) (1974/07/09)


【新しい地図】吾郎さんと慎吾が挑む!第一回草彅王選手権!【超難問】

お互いを敬語で呼び合うのがなんか良い感じ。

 

🇺🇸Bryan Chan (LMNT) (1974/06/26)


Bryan Chan at DW BISTRO

オーディション番組"Making the Band"の出場者にて結成されたLMNT、その唯一のアジア系メンバーBryan Chan(向かって左)。このHPによれば、Chippendalesにも出演していて、おそらくカムアウトもしたのかな?ワイシャツの上からでも納得の体つき。

 

🇦🇺Andrew Tierney (Human Nature) (1974/06/20)


Human Nature - 24 Hours With Andrew

鉄壁のファルセッターにして筋トレ大魔神のAndrew Tierney。お嬢さんを抱き上げる彼の上腕にご注目。近年のHuman Natureはカバーソングが9割と高めだが、christian music duo "Finding Faith"では自作曲をコツコツ発表していたりもする。

 

🇬🇧Patrick Marcus Osborne (Worlds Apart) (1974/06/05)


Ashanti - The Woman You Love ft. Busta Rhymes (Official Music Video)

この'The Woman You Love'のMVに出てくる男性(ドラマパート)に登場するのがPatrick Marcus Osborne。途中、"Marcus"のタトゥーがチラッと出てくるの、分かります?セクシーショットも満載。

 

🇺🇸Evan Lowenstein (Evan and Jaron) (1974/03/18)


Evan Lowenstein singing 'Crazy for this Girl' at the wedding of Ezra and Stephanie

披露宴で自らのデュオのヒット曲'Crazy for this Girl'を弾き語るEvan Lowenstein。しかしそんなことは半ばどうでも良くて、EvanはあのKevin Spaceyのマネージャーになっていた、というからこれまた人生何があるか分からない。後はお察し、という感じ。

 

🇺🇸Jaron Lowenstein (Evan and Jaron) (1974/03/18)


Debbie Gibson and Jaron and The Long Road to Love - "Crazy For This Girl"

一方のJaronはあのDebbie Gibsonとコラボしてこれまた'Crazy for this Girl'。ちょい音は割れがちだけど、なかなか豪華なタッグ。それにしても、Evan and Jaronが復活する日は来るのかしら。Kevin Spaceyは罪な男だなぁ。

 

🇦🇺Phil Burton (Human Nature) (1974/03/13)


Human Nature - 24 Hours With Phil

Human Natureの屋台骨Phil Burton。この人のソウルフルなコブシが無ければ、Motown ShowもJuke Box Showもおよそ叶わぬ夢だっただろう。同じ男性として、何の飾りもないグレーのカットソーを汗の跡を見せず着こなす清潔感にも注目したい。もちろん、Manband界随一の美しいすきっ歯も見逃せない。

 

🇯🇵Takashi Oohara (Ya-en (dancer)) (1974/03/05)

 

🇯🇵Yoichi Kitayama (The Gospellers) (1974/02/24)


ゴスペラーズ 『ヒカリ -rec making ver.-』

北山さん(サムネ右)のあったかいベースが聴き分けられるメイキング動画。こちらではデカいワンちゃん相手に悪戦苦闘してたりする。ジーンズがオシャレ。

 

🇯🇵Katsuyuki Mori (SMAP) (1974/02/19)


森且行、久しぶりの囲み取材で「怖いな…」

 

🇬🇧Robbie Williams (TAKE THAT) (1974/02/13)


Robbie Williams | Vloggie Williams Episode #73 - The First Vegas Show

Manband界随一のお騒がせ男が遂にVegas Residencyへ。一時期はTAKE THAT本体に合流との噂も囁かれたが、期間限定ではあるもののVegas上陸が決まった途端、爽やかに古巣を一蹴。Robはやっぱりこうでなくちゃ。そうかと思えば実父Pete Conwayをずっとツアーに帯同させている孝行息子の一面も。TTの衣装担当Luke Dayも姿を見せ(Luke、キャラ変わったな…)、Robの本気度が伝わる。

 

🇺🇸Joshua Morrow (3Deep) (1974/02/08)


Joshua Morrow Celebrates Twenty Years! | The Queen Latifah Show

3Deepよりも俳優業の方がスタートの早いJoshua Morrow。Soap Opera "The Young and The Restless"ではNicholas Newman役を四半世紀に渡り演じ続けている。

 

🇬🇧Christian Burns (BBMak) (1974/01/18)


Christian Burns - Fire + Ice (Official Music Video)

BBMakの3人の中で、第一期解散後もソロで音楽活動を続けてきたChristian Burns。他のアーティストとのコラボでも引っ張りだこのようである。